前へ
次へ

不動産取引には、不動産登記簿の調査が必要です

男性なら、結婚して、子供が出来た頃に、大きな決断が迫られることが多いです。
マイホームの購入です。
このまま賃貸物件で住み続けるのか、それともマイホームを購入して、一国一城の主となるのか、大きな決断です。
それと同時に、通常の返済期間35年ローンの始まりでもあります。
賃貸物件として賃料を支払い続けるのも、マイホームの月々のローン返済をするのも、金額的にそれほど金額の多寡がないとはいえ、いろいろと迷うのも事実です。
そんな時、マイホーム購入の話が出たなら、どんな土地でどんな建物なのか、一々調査をせずとも、仲介の不動産屋が存在しています。
でも、知人を介しての方が不動産業者に仲介手数料を払わずに、マイホーム購入できるとなると、欲が出ます。
その時でも、売主が本当に所有者であるのかを調査するのには、不動産登記簿が最大の強みです。
登記所に行って不動産登記を閲覧や謄本を取り寄せます。
その上で、モノの確認、人の確認、同時に売買の意思の確認など、いろいろと必要ですが、ますば、登記簿に記載の所有者であるか否か、また売買の建物が売主の所有物であるか、更なる確認の上で、取引が必要になります。

Page Top