前へ
次へ

不動産登記法と言う法律があります

不動産取引をする上で、いろいろな法律や条例に制限されています。
それらの法令を順守して初めて不動産取引が成立するのです。
不動産取引と言うと、何やら堅苦しい気がしますが、平易な言い方で言うなら、マイホームの購入だと言えば、分かりやすいです。
マイホームの不動産を売買する方と、それを購入する方がいます。
不動産ですから、建物と土地とは、別個の不動産と言う事になります。
マイホームの建て売りの一戸建てで購入するなら、土地と建物の2つを購入することになります。
何かには、定期地借権の物件で、上モノの建物だけを購入される方も居られます。
そうした特殊な売買の形態もあり得ます。
通常は、土地建物の所有権を移転すると言う事になります。
この場合には、不動産登記法に定められている移転登記手続をすることになります。
銀行などの融資を受けてのマイホーム購入なら、ここに抵当権設定登記が含まれます。
すべて不動産登記法と言う法律によって、不動産の取引の安全と財産の確保、法の整備が整えられていると言う事になります。

Page Top