前へ
次へ

不動産登記は費用がかかることになります

不動産登記は実費がいくらかあります。
自分で手続きを行うとしてもそれなりに手続きをするための費用がかかることになります。
或は司法書士などの専門家に支払う場合においても必ずかかってくる費用がどういうのはどちらにしてもあります。
それが登録免許税というものであり、要するに不動産を入手したということに関する税金ということになります。
相続税とは違うことになりますから、これは注意しておきましょう。
実費のうちメインになるものといえるでしょう。
この登録免許税というのは法務局で支払うということになりますので国に支払う税金の一つになります。
言われる国税ということになるでしょう。
法務局に行くための交通費とか登記簿謄本などの取得費用などもかかるわけで、そちらにも費用がかかることを知っておきましょう。
不動産登記とはそこが大変なところでもあります。
しかしながら、それでもやらないといけないという行為になりますから注意しておきましょう。

Page Top