前へ
次へ

不動産登記での証明書の発行方法

不動産登記の手続きを進める時は、登記事項証明書という書面が必要な事もあります。
その証明書は、不動産物件に関する色々な情報が明記されています。
物件の所有者や番号などの大切な内容が書かれていて、不動産登記や相続手続きで活用される事が多いです。
その証明書は、公的機関から発行してもらう事になります。
発行方法も複数あって、その1つは窓口です。
役所から書類を発行してもらうのと同様に、公的機関の窓口にて発行してもらう訳です。
もしくは郵送もあります。
請求書を公的機関に郵送すれば、証明書を返送してくれます。
ただ郵送の場合は、若干時間がかかる事が多いです。
どうしても郵便事情があるので、数日ぐらいかかってしまう傾向があります。
おすすめは、オンラインです。
わざわざ窓口に足を運ぶ必要もありませんし、時間帯も制約されません。
かえって郵送よりもスピーディーな事もあるので、オンラインも活用してみると良いでしょう。
ただし公的機関の窓口が近所にある時は、かえって窓口で請求する方がスピーディーです。

Page Top