前へ
次へ

不動産登記をするメリットについて

土地や建物などの不動産の購入は高額になる事が多いために、購入後は第三者とのトラブルを避ける事が大事です。
不動産を購入しても登記を一切していない場合は、元の売主が第三者に同じ不動産を売却した場合に、その第三者に自分が不動産の所有権があると主張する事が出来ません。
つまり登記を設定する事によって、第三者に対して自分がその不動産の所有者だと主張できるのです。
逆に相手が先に不動産登記を設定してしまうと、自分が高い金額で土地や建物を購入していたとしても明け渡さなくてはいけません。
そのために不動産登記は非常に大事になります。
登記についての詳しい説明は、土地や建物を購入時に不動産会社の社員が教えてくれます。
また中古の建物を購入する場合は、その登記を確認する事が大事です。
例えば抵当権が設定されていたりする場合が稀にあるために注意が必要となります。
自分が不動産売買の売主になる場合も、登記の移転を忘れないようにしましょう。

Page Top